"

渋谷は暴力的にひとが多くて
音と音が絡まってヘンな線を描いてた
流れに従って歩いても 逆らっても
どちらにしろ つぶされそうな気分になった

みんなぎらぎらしてイマドキを装って歩いてる
それはかっこいいはずなのに
集合すると ハキダメみたいだと思った

くさかった
不潔だった

"
"7日午前5時40分ごろ、大阪府和泉市小田町のコンビニエンスストア「セブン−イレブン和泉小田町店」に男が押し入り、レジカウンターに商品のカッターナイフを置いて「お金を出して」と脅迫した。レジにいた女性店長(54)が、バーコードリーダーでカッターナイフの値段を読み取り、男にカッターナイフの料金を伝えたところ、男は「金を取ってくる」と言って、何も奪わずに車で逃走した。"
"

江戸しぐさの中には使ってはいけない

「水かけ言葉」や「戸締め言葉」があります。

「水かけ言葉」は誰かの話に対して

「だから?」とか「それがどうしたの?」と、

相手の話す意欲を失わせるような言葉です。

実はこの他にも普段使っている言葉の中に

「水かけ言葉」になってしまう“言い方”があります。

例えば、

「ダルビッシュ選手が3勝目をあげたね~♪10奪三振凄いね~!」

と声を掛けられたらあなたは何と答えますか?

「うんうん!凄いね~ダルビッシュ選手!!」\(^o^)/

と返したら盛り上がって、最初に声を掛けた方も嬉しくなります。

ですが、

「知ってる」と、淡々と答えられたら、

続きの話をする気はなくなってしまいます。

この場合の「知ってる」は、

「その話ならすでに知ってるけど何か?」というような

まさに「水かけ言葉」なのです。


また、「戸締め言葉」は「でも」や「だって」の言葉のことですが、

「でも」や「だって」だけが「戸締め言葉」ではありません。

相手の言葉を遮る言葉を「戸締め言葉」と表現していますので、

同じような言葉・・・例えば「そんなことを言っても」とか

「それはそうかも知れませんが」も丁寧な言い回しかも知れませんが

「戸締め言葉」の部類に入ります。

"
"昨日後輩が飲み会に誘われてたんだけど純真無垢な瞳で「あっごめんなさい、ぼく今日ウチの夕飯グラタンなんで!」って断っていて「じゃあ仕方ないよね感」がその場一体を包んだ"
"「この問題、進研ゼミで見たことある!」
教師「うるせぇ授業でもやったわ」"
Theme created by: Roy David Farber. Based on concepts from: Hunson's Black and Blue Eyes theme. Powered By: Tumblr.
1 of 227